音楽

【100万円必要】また楽器を始めたいなと思い始めている

ぼくは中学校で吹奏楽部に入り、高校・社会人でも楽器を続けていました。

吹いていたのはチューバという、大きなラッパみたいな形の楽器。楽器歴は10年以上です。

ただ、2020年にフリーランスになったのを機に吹奏楽をやめていました。

  • コロナ発生でで演奏会が全然できなくなった
  • フリーランスになると楽器を吹く時間がなさそう
  • なんだか飽き始めていた

こんな理由から吹奏楽をやめることにして、楽器は売却。114万円の楽器は、31万円で売れました 笑

当時は「もう吹奏楽をやることはないかな」と考えていたわけですが、最近になってまた楽器を始めたいと思い始めました。

【2回連続】母校が全国大会に出場した

きっかけとなったのは、母校の吹奏楽部の全国大会出場。

2020年は大会自体が中止になっていましたが、2019年にも出場していたので2回連続です。

それをきっかけに2019年の母校の演奏を始め、他の学校の演奏も聴いたり、YouTubeで吹奏楽部の密着とかを見たりしました。

演奏を映像付きで聴いていると「カッコいい」と思えてきて、徐々に吹奏楽をやっていた高校当時のことも思い起こされてきました。

吹奏楽に熱中していた高校時代

ぼくは高校時代は、全国大会出場を目指して練習していました。入学する前の年にも全国大会に出場していたので、同じように憧れてきた人は多かったかと思います。

練習は基本的には毎日で、月に1回くらい休みがある感じです。

毎日のように練習していると「休みたい」と思うこともありましたが、不思議なものでいざ休みになるとなんとなく落ち着かない。休みの日に自主的に学校に行って、練習することもありました 笑

さらに全国大会の過去の演奏を聴いて、研究することも熱心に行っていました。

顧問の先生が「全国大会を目指しているのに、どんな学校が出ているのか知らないのはおかしい」と話していて「確かにそうだな」と思ったのをきっかけに、全国大会の過去の演奏を聴くように。

まず母校が過去に全国大会に出場した時の演奏を聴いて「え、こんなレベルだったの…」と衝撃を受けます。

2つ上の先輩たちも相当うまいと思っていましたが、正直レベルが違う演奏でした。

それまで比較的呑気に練習していたぼくは「全然ダメじゃないか!」と感じ、真剣に練習するようになりました。

また、全国大会の演奏を収録したCDが発売されているのですが、それも1年のころから毎年購入。新旧全国大会の演奏に詳しくなったぼくは当時、部内でも「吹奏楽オタク」と称される人間になっていました。

富山で就職し即114万円の楽器を買う

高校卒業後、専門学校進学など紆余曲折したのち、地元富山で就職。

就職したてでまだお金は少なかったですが、すぐに東京の楽器店でチューバを買いました。
東京の楽器店だったのは、全国的にも品ぞろえがいいお店だったことが理由です。

チューバは100万円くらいする楽器なので、さすがに社会人になりたてのぼくに一括購入は無理。しかしすぐにでも楽器を始めたかったので、3年の分割で購入しました。

買ったのは、114万円する比較的いい楽器。分割とはいえ「なんだかすごい買い物をしてしまったな…」と感じたのを覚えています 笑

そして購入した楽器を持って、母校の先輩が多く所属する社会人吹奏楽団に入団。2つの楽団を掛け持ちしていた時期もあり、そのころは週3〜4回楽器を吹いていました。

100万円以上の楽器を買えるくらい稼ぐ

2つの楽団を掛け持ちしていたぼくですが、2018年ころから徐々に楽器への熱量は冷めていたように感じました。

ちょうどそのころからブログを始めてそれが面白かったのもありますが、当時は「吹奏楽に興味がなくなったのかな」と思っていました。

しかし今吹奏楽への関心が強まっていることを考えると、一時的なものだったのかもしれません。

いずれにしてもまた楽器をやりたいと感じた以上、楽器を買うことを目指していきたいです。次は吹奏楽だけじゃなく、オーケストラでも吹いてみたいですね。

しかしチューバは100万円以上は必要なので、それをポンと買えるくらい稼げるようにならないといけならず、ハードルは高めです。

でもやりたいと思ったことをお金を理由に我慢するのは嫌なので、新しい目標としてさらに稼げるよう頑張っていきます!